「マンションを売りたい!」という時に、とても気になるのが「査定金額」です。

不動産会社に売却の相談をすると、それぞれの会社ごとに「いくらぐらいで売れそうです」という査定金額を算出し、売り主様に報告します。

その査定金額を元に「この会社にお願いしようかな」と不動産会社と売却をお願いする媒介契約を結ぷケースが多いのです。

査定金額を見る瞬間というのはとてもドキドキします。

「自分たちがマンションを買った時と比べて、金額がとても低くなっていたらどうしよう」
「売却希望霊額に全然届かなかったらどうしよう」

などという思いがあるので、査定金額を出してきた不動産会社の中でとても高い金額の会社があると「これは信頼出来る!」という思いで媒介契約を結んでしまうのです。

ただ、ここで一つ注意して頂きたいのは「査定金額」はあくまでも「これぐらいの金額で売れるかもしれない」という不動産会社の予想金額であり、実際にその金額で売れる事を約束するものではないということです。

もしこれがブランド物や美術品の査定金額であれば、実際に査定金額を出した会社がその金額で購人するのですから安心です。しかしマンションの査定金額の場合、不動産会社はあくまで「その金額で営業活勧をしますよ」という目安でしかないのです。

ですので悪い不動産会社(意外と多いです)ですと、とりあえず高い金額を査定金額として出すことで売り主様と媒介契約を締結してしまい、のちのち「やはり金額が高すぎるようなので、値段を下げましょう」といって金額を落とす交渉を売り主様とするのです。

こういったケースに見られるのは、不動産会社が「その会社しかマンションの売却活動が出来ない」専任契約を売主様と結んでしまい、結果的に最初に他の会社が出した査定金額を下回るケースで売買契約が行われるというパターンです。

 また売主様が多数の不動産会社に売却査定を出している場合、査定金額はチキンレース的なものになります。 つまり「どこまで高い金額を出して、売主様の気を引けるか」という勝負になってしまい、いざ売却依頼を受けた時に「こんな金額で査定出しちゃったけど、こんな金額で売れるはずないしどうしよう…」と途方にくれる不動産会社もいたりします。
 
マンションの査定金額が高いのは嬉しいことですが、もし飛び抜けて高い査定金額を出して来た不動産会社があった場合は「なぜこの金額で売れると言えるのか」という根拠をしっかリと確認した方が良いでしよう。