マンションを売却しようとすると、まずは売却活動をお願いする不動産会社を選ぶことになリます。

「じゃあ、どこかの会社にお願いすればいいかー」ということですが、単にお願いをするだけではなく「あなたの会社に売却をお願いしますよ」という契約を不動産会社と結ぷ必要があります。

マンションなどの不動産はとても額の大きな資産のため、不動産会社も「私はしっかりと売主さんと契約を結んで売却の活動を行っています」という証拠が必要なわけです。

そしてこの「売却を御願いします」という契約のことを「媒介契約(ばいかいけいやく)」と言います。 そしていざ不動産会社と「売却をお願いします」という媒介契約を結ぶタイミングで、知らずに損をしてしまう売り主さんが多いのです。

大体のケースで、不動産会社の営業マンは「この契約書にハンコをお願いします」という感じで、シレつと媒介契約書にハンコを押させようとさせます。

しかし、その契約内容が問題なのです。 実は 一言で媒介契約書といっても、内容によって3つも種類もあるのです。 

マンション売却時の媒介契約書の種類

  • 専属専任媒介契約 
    売却をー社にしか頼めない。自分自身でマンションを買いたい人を見つけてくる事もNG。 
  •  専任媒介契約 
    売却をー社にしか頼めない。自分自身でマンションを買いたい人を見つけてきてもOK。 
  • 一般媒介契約 
    売却を複数社に頼むことが出来る。自分自身でマンションを買いたい人を見つけてきてもOK
     
マンション売却をする方の多くは、契約に3種類もあることを知リません。

そして、不動産会社の営業マンがシレツとハンコを押させようとするのは「専属専任」か「専任」なのです。 なぜなら「専属専任」か「専任」の契約を結んでしまえば、その契約を解約しない限リ、必ず自分の会社が契約の手数料を獲得することが出来るからです。

よく不動産会社のサイトなどでは専属専任・専任のメリットを挙げています。それは

  • 「ー社に売却を任せることで、スケジュール調整などがスムーズになります」
  • 「ーつの会社に任せた方が、不動産会社のモチベーションがあがり、頑張って営業してくれます」
というようなものですが、果たして本当にそうでしょうか。

スケジュール調整などは、単純に空いている時問や、他の内覧が入りそうな時問帯を外せばいいだけですし、ー社 に売却を任せてしまったらその会社が逆に安心しきってしっかリと活動しない危険性もあります。

「専任」の方が良いというのは、不動産会社にとっての都合を反映した営業トークの一面が色濃くあります。 

私がお勧めしているのは「一般(媒介契約)」です。

物を売るにしても買うにしても、複数の会社に相談する事は、至って普通の事だと言えるでしょう。

その中で、頑張って良いお客さんを見つけて来てくれた不動産会社と、最終的な売買契約を結べばいいのです。