マンションの売却を不動産会社に相談しに行くと「もしマンションが売れなかった場合は弊社で買い取りを行っていますので安心です!」と言われる事があります。

大手の不動産会社でもそうですし、中小規模の不動産会社でもこのように言われるケースは多いのです。

「売れなかった場合に買い取リまでしてくれるなんて、安心だ!」と思われる方も多いと思いますが、少し注意が必 要です。

なぜなら「買い取リ金額」が相場よりも3割以上低いことが多いからです。

不動産会社がマンションを買い取るという場合、買い取ったマンションはそのままその不動産会社が保有するわけではなく、転売することになります。
転売するからには、その不動産会社は「利益」を確保しようとするのです。
この「利益」がまさに「相場よりも3割安く」あなたのマンションが売られてしまう原因になるのです。

「不動産を買い取ります!」という会社は、マンションの売り主様の味方なっているように思えますが、実は不動産会社は元々買い取リをしたくてたまリません。

なぜなら、不動産の買い取りはとても儲かるからです。 

マンション買取で不動産業者が儲かる実例

あなたがマンションの売却を考えておリ「5000万円で売れたらいいかな」と思っているとします。
しかし不動産会社は「このマンションは5500万円で売れるな」と判断しました。
このような場合、不動産会社は是が非でも「買い取り」を行いたいと思うのです。

もし仮に、不動産会社が普通に仲介を行うとその利益は

■売り主様からの手数料 5500万円×3%+6万円=171万円
■買い主様からの手数料 5500万円×3%+6万円=171万円
■合計171万円十171万円=342万円
 
となリます。
 

マンションを買い取ると言う不動産業者の声には慎重になりましょう!

買い取りを行う場合、売リ主様から5000万円でマンションを買い取りし、そのマンションを5500万円で他の人に転売します。
この転売で利益を500万円獲得することが出来、普通に仲介をするのに比べて168万円も多く(500万円ー342万円)儲かるのです。 

不動産会社によるマンションの買い取りは、基本的に売却金額の定価につながります。
マンションの買い取リを検討する場合は、より慎重になる必要があるんですね。