マンション売却を考える上で、特に注意したほうがいいのが「マンション買取業者」へのマンション売却です。

前の記事「不動産業者によるマンションの買取は注意が必要」でお伝えしたように、マンションを不動産会社に買取してもらうと、不動産会社の利益を出すために3割程相場よリ安い金額で売らなくてはならなくなってしまうんですね。
 
仲介会社の中には「最終的に売れなかったら、ウチの会社で買い取るので安心です!」と言っているような会社もありますが、買取をしたいがゆえにわざと個人のお客様を紹介せず、金額を下げさせようとする不動産会社もあるので注意が必要です。

一方「ウチはマンションの買取はしていません!」というような不動産会社の場合でも、注意が必要なケースがあるんですね。
 
なぜならその不動産会社が買取をしていなくても、最終的なマンションの売却先として「マンション買取業者」を考えているケースがあるからです。

マンション売却先を買取業者にすると買取額は低くなるのに、業者の仲介手数料は2~4倍になるんです。

不動産会社にとって、マンション買取業者にマンションを購人してもらうことはとても美味しい取引になります。
なぜなら、通常の取引に比べて仲介手数料が2~4倍も得られる可能性があるからなんです。

仮に、5000万円でマンションを売却したいと考えているとすると、もしマンションを購人するのが「マンション買取業者」ではなく、他の不動産会社さんが探して来た個人の場合、マンションの売却をお願いした不動産会社が獲得する仲介手数料は「156万円」になリます。

■5000万円x3%+6万円=156万円
 
買い主様からの手数料は、もちろんお客さんを連れてきた他の不動産会社に支払われることになるので、売却をお願いしている不動産会社の手元には入りません。

これが、あなたのマンションを購入するのが「マンション買取業者」にすると、
この場合、マンションの売却金額は低くなってしまいます。
 
マンション買い取り業者は相場より安くしか買わないので、仮に4500万円でマンションを売却したとして、この場合、マンションの売却をお願いした不動産会社は売り主とマンション買取業者両方から仲介手数料を獲得することができ、仲介手数料は合引で「282万円」になります。

■売り主様からの手数料 4500万円×3%十6万円=141万円
■買取業者からの手数料 4500万円×3%+6万円=141万円
■合計 141万円+141万円=282万円
 
さらに、マンション買取業者がマンションを購入した場合、マンションをリフォームをして再度売リに出します。 
するとその販売を、売却をお願いした不動産会社が担当することが多いのです。
仮に、リフォーム後のマンションを5000万円で売りに出したとすると、

不動産会社の手にする手数料は 

■買取業者かりの手数料 5000万円×3%+6万円=156万円
■買い主様からの手数料 5000万円×3%十6万円=156万円
 
これによって売却をお願いした不動産会社は、更に追加の手数料「312万円」を獲得することが出来ます。

マンション売却を不動産業者にお願いする際はどのような買取先があるのか?にも注意が必要です。

つまリ、不動産会社にとってみると、売却をお願いしたマンションを「マンション買取業者」に買わせることが出来れば最大で「438万円も多く」(282万円+312万円ー156万円)仲介手数料を獲得することができてしまうんです。
 
このカラクリが分かると、いかに不動産会社がマンション売却の際にマンション買取業者にマンションを買わせたいと思っているかが分かると思います。

不動産会社に取ってみれば美味しい取引でも、大事な資産を売却する売主様にとってみればたまったものではあリません。 マンション売却の際は、くれぐれも注意して頂ければと思います。 
にほんブログ村 住まいブログへ