マンションを売りに出しても、なかなか売れないケースというのがあります。 

特にマンションの見学申し込みや内覧が全くなく、一か月のうちにー組ぐらいしか買い主様の見学がないというケースもあったりします。

マンションの売却をお願いしている不動産会社に電話してみても「いや~、頑張ってるんですけど、なかなか内覧希望がなくて…。もう少し値段を下げてみませんか?」などと言われるだけ、というような状況です。
 
このような場合、不動産業界でいうところの「干される」という行為が行われていないか、注意した方が良いです。

不動産業界の「干す」とは?

「干す」とは、あなたがマンションの売却をお願いしている不動産会社が、マンションの売値を下げさせるために全く見学を入れず放置することを言います。

なぜ、不動産会社はこんなことをするのでしようか?実はあなたのマンションを干すことで、不動産会社はとても得をするのです。

仮に、あなたがマンションを5000万円で売却希望だとします。しかしあなたがマンションの売却をお願いした不動産会社では、あなたのマンションを「5000万円で買いたい!」というお客様はいませんでした。

こういう場合、通常であればあなたがマンションの売却活動をお願いした不動産会社は、他の不動産会社にも広く情報を公開してお客さんを紹介してもらいます。

そうすることによって、たくさんの見学申込みが入り、あなたのマンションを「5000万円で買いたい!」というお客様が見つかる可能性が高まリます。

しかしこの場合、あなたがマンションの売却をお願いした不動産会社には「156万円の手数料」しか入ってきません。

不動産の会社の仲介手数料はマンションの価格の3%+6万円なので、
 
■5000万円x3%+6万円=156万円 

の手数料となるわけです。 

マンションの買い主様からの手数料は、買い主様を探して来た他の不動産会社に支仏われることになリます。あなたが売却を頼んだ不動産会社の本心としては「買いたいというお客様も自分で見つけてきて、両方から手数料をもらいたい」という気持ちがあります。

この売主様・買主様両方から仲介手数料をもらうことを業界用語で「両手」と呼びます。

そこで、他の不動産会社から「お客様を紹介します !」と言われても「もう申し込みが人っているので結構です」 と断ったり、ひどいケースになると購人の申し込みが入ったにも関わらずマンションの売主様に伝えずもみ消してしまう場合というのもあります。

そうすることによって、マンションの売り主様に「もっと値段を下げないとマンションは売れないかな…」という気持ちを起こさせ、500万円値下げをしてもらい、4500万円で自分のお客様と契約してもらうのです。 この場合、不動産会社が手にする手数料は下記のような計算になります。

■売主様からの手数料 4500万円×3%+6万円=141万円
■買主様からの手数料 4500万円×3%+6万円=141万円
■合計 141万円+141万円=282万円

こうすることによって不動産会社は126万円(282万円-156万円)余分に儲かる仕組みになってるんです。
 

マンション売却時の営業マンはどういう人物か?に注意が必要です。

不動産会社の営業マンがマンションを干そうとする背景には、彼らがフルコミッションで働いていることが挙げられます。多くの不動産会社の営業マンがフルコミッションで働いています。彼らは不動産仲介の手数料収入によって給料が決まリます。多くの手数料を獲得することが出来ればその分自分の給料が上がるので「なるべく両手仲介をしたい」と思うのです。
 
不動産会社の営業マンを選ぶときは「この営業マンはフルコミッションで働いているのかどうか?」ということは、一つの選定ポイントになります。もしあなたのマンションに全く見学の申し込みが入らない場合、一度「干されていないか」を確認してみるのが賢明です!
にほんブログ村 住まいブログへ